まいにちStack

最近は気づいた事や備忘録なんかを記す場所にしたりしなかったりしてる

お絵描きメモ_2 構図・アタリ~ラフまでとる時のメモ

※個人メモのため、自分向けに分かりやすく書いてます。

 

アンチエイリアス
低い=ギザギザを表現しやすい。ドットテイストのイラスト(ゲームイラスト系)を描きたいときに用いる。
高い=滑らかな線が引ける。普通にイラストを描く場合は高めに設定。


・手ブレ補正
低い=おおざっぱに線をひくため、ゆっくりと線を引いたりするとブレブレになる。
高い=ゆっくり線を引いてもあまりぶれない。
ぶれない理由の1つとしては、中央に線が寄りやすいため、建物系などまっすぐした線をきれいに引かなければいけなくなったときに使用する。


・複数レイヤーの移動
フォルダでまとめて移動させることができる。


コントラポスト

コントラポストをとってより自然体で動きのあるポーズに。


・アタリ
アタリを描くときは、なるべく1枚の用紙に埋まるぐらいのスペースで描いていく。
髪と人体で色分けしておくと分かりやすくアタリをとることができる。


・レイヤーの統合
2枚あるうちの上のほうをCtrl+E使うと統合できる。


・透明ピクセルのロック
描いてない部分だけをロックし、書いてある部分を塗る事ができる。


・Alt+Deleteで全塗り


・カーブをえがくように描く
髪などのキャラで隠れる部分に対して極端に直線で描いたりすると、繋ぎが不自然に見えてしまうため、緩やかな曲線で描いてあげるとよい。

 

・ラフ取るときの頭に対して、肩の比率は同じぐらい。

リアルでは7頭身に対して、萌え絵は6頭身と1個分足りない感じで。
三分割法に沿って描く事で、目立ちやすく描く事ができる。
顔を箱型にとらえてラフすると、あとで立体的にパーツをつけるときが楽になる。