まいにちStack

最近は気づいた事や備忘録なんかを記す場所にしたりしなかったりしてる

AWSソリューションアーキテクトアソシエイトレベル受験してきた感想

ども( ˘ω˘)

色々な経緯があり、少し前にAWSソリューションアーキテクトを受験してきました。

受けたのはよかったんですが・・・結果から言うと不合格でした。

 

私のスペック:

AWSサービスはほとんど触った事がなく、EC2とS3を少し触った事のある程度でした。

ネットワークに関しては全く知識がなかったため、サブネットの概念?とかCIDRブロックがどうだとかのほんとに「キホン」の「キ」から勉強し始めるような感じでした。

ぶっちゃけ1ヶ月前の私は(今もですが)こんなスペックでAWS資格を取れるのか・・・?(;˘ω˘)と思いましたが、出来る限りのベストは尽くしたと思います。

 

勉強したこと:

勉強期間はおよそ1ヶ月ほどで、なるべく平日は2時間ほど机上に向かうようにして、休日は集中して取り組めているときは4~6時間は勉強してました。

 

上記のAWS認定本を中心に勉強しました。

他の方の勉強方法にも載ってると思うのでもしかしたらあんまり参考にはならないかもしれませんが、これ1冊を読み尽くせばそれなりのイメージはついてくるようになります。

ただ私の場合、1周してもまだよくわかってない内容などがあったため、2周3周と読み返しました。

特にVPCALBはほんとに勉強になります。

 

 

Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築 改訂版

Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築 改訂版

 

 あとは実際の運用をイメージして使用したらどうなるのかというのも理解したかったため、この本も買いました。

ですがこちらは半分ほど読み進めたあたりで途中で読むのをやめてしまいました・・・。

最後まで読んでおいたらまた全然違ったのかもしれませんが、この本を買った時点で試験2週間前だったのもあってあせっていて、「いやいやこれ終わるか!?」ってなってあきらめてしまいました。

余裕があるときに読んでおくとよかったかもしれませんね・・・。

 

あとは「Blackbeltを読んでおくといい」とあったのでとりあえず読んでみたのですが、読んでる途中で「これなんだろう」とおもってよく調べてみると情報が古いものが含まれていたりします。

それについて調べていたらどんどん調査が深くなってしまう・・・ということが何度かあり、気づいたら2~3時間と時間を奪われてたりしました。

引き際?というんですかね・・・普段から勉強する癖がついてなかったので、こういったところも気をつけるべきだったと思います。

 

結果:

総合評点49%

1.0 高可用性、コスト効率、対障害性、スケーラブルなシステムの設計 45%
2.0 実装/デプロイ 33%
3.0 データセキュリティ 54%
4.0 トラブルシューティング 80%

 

基礎知識的な部分は全くと言っていいほど手ごたえがないわけでもなかったのですが、実運用に関する問題はほとんど分かりませんでした。

特に複数選択問題が多く、問題の3分の1が複数選択問題ではないでしょうか。(;˘ω˘)

 

ここまでを見返してみるとほんとに集中して勉強できてないなーって感じました。

次は合格できるように集中して取り組んでいきたいですね・・・(›´ω`‹ )