諸行無常の響きあり

日常と趣味について呟くブログです。

今更だけど、VagrantとVirtualBoxを導入してみた

どもー(。・ω・)ノ゙

 

今更ですが自分のPCにVagrantVirtualBoxを導入してみようと思います。 

環境

ホスト:MacOS Sierra 10.12.6
Vagrant 2.0.0
VirtualBox 5.0.20
ゲスト:CentOS 7.0 x64

 

手順

vagrantのインストール

下記のURLから最新のvagrantをOSに合わせてダウンロードします。↓

https://www.vagrantup.com/downloads.html

ダウンロードしたら、dmgファイルを起動し、インストールを行います。



インストール完了後、バージョンを確認します。

# vagrantの最新バージョンを確認
$ vagrant --version
Vagrant 2.0.0

VirtualBoxのインストール

こちらも、下記URLからVirtualBoxをダウンロードしてきます。

https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads


今回はMacOSにインストールするため、「OS X Hosts」を選んでいますが、この辺りは適宜読み替えてください。

こちらもdmgファイルがダウンロードされたら起動し、手順の説明に沿ってインストールしていきます。

VagrantによるBoxの追加

VirtualBoxのインストールが完了したら、いよいよVagrant仮想マシンを動かすためのBoxを追加していきます。

下記URLにアクセスし、取得したいBoxを選びます。
http://www.vagrantbox.es/

取得するBoxのURLをコピーして、コマンド実行でBoxを取得するようにします。

# Boxの取得フォーマット
vagrant box add {title} {url}

# 実際の取得方法
$ vagrant box add centos70 https://github.com/vezzoni/vagrant-vboxes/releases/download/0.0.1/centos-7-x86_64.box

Boxをダウンロードする際は結構時間がかかりますので、少し休憩しながらダウンロードを待ちます。

ダウンロードが完了すると、以下のようなメッセージが流れます。

==> box: Box file was not detected as metadata. Adding it directly...
==> box: Adding box 'centos70' (v0) for provider:
    box: Downloading: https://github.com/vezzoni/vagrant-vboxes/releases/download/0.0.1/centos-7-x86_64.box
==> box: Box download is resuming from prior download progress
==> box: Successfully added box 'centos70' (v0) for 'virtualbox'!


ちなみに今回はtitle部分をcentos70にしてみましたが、このtitleはbox名になります。
box名は後で変更することも可能なので、別の機会にでも載せておきます。

落としてきたBoxでVM作成

Vagrantで作業する環境を作るため、一つ下の階層あたりにディレクトリを新規作成します。

# 作業環境ディレクトリを作成
$ mkdir Vagrant
# 作業環境へ移動
$ mv Vagrant
# CentOS7.0用のVM環境ディレクトリを作成
Vagrant$ mkdir CentOS_7_0
# VM環境へ移動
Vagrant$ mv CentOS_7_0

CentOS_7_0ディレクトリへ移動したら、VagrantFileを生成するために初期化コマンドを実行します。

# CentOS7のBoxがリストに入っていることを再確認
CentOS_7_0$ vagrant box list
centos70 (virtualbox, 0)
# vagrant init で初期化コマンド実行
CentOS_7_0$ vagrant init centos70
A `Vagrantfile` has been placed in this directory. You are now
ready to `vagrant up` your first virtual environment! Please read
the comments in the Vagrantfile as well as documentation on
`vagrantup.com` for more information on using Vagrant.
CentOS_7_0$ ls
Vagrantfile

Vagrantfileが生成されていることが確認できました。

VM起動

起動します。

# vagrant up で起動
CentOS_7_0$ vagrant up
Bringing machine 'default' up with 'virtualbox' provider...
==> default: Importing base box 'centos70'...
==> default: Matching MAC address for NAT networking...
==> default: Setting the name of the VM: CentOS_7_0_default_1507647773459_81474
==> default: Clearing any previously set network interfaces...
==> default: Preparing network interfaces based on configuration...
    default: Adapter 1: nat
==> default: Forwarding ports...
    default: 22 (guest) => 2222 (host) (adapter 1)
==> default: Booting VM...
==> default: Waiting for machine to boot. This may take a few minutes...
    default: SSH address: 127.0.0.1:2222
    default: SSH username: vagrant
    default: SSH auth method: private key
    default: Warning: Connection reset. Retrying...
    default: Warning: Remote connection disconnect. Retrying...
    default: Warning: Connection reset. Retrying...
    default: Warning: Remote connection disconnect. Retrying...
    default:
    default: Vagrant insecure key detected. Vagrant will automatically replace
    default: this with a newly generated keypair for better security.
    default:
    default: Inserting generated public key within guest...
    default: Removing insecure key from the guest if it's present...
    default: Key inserted! Disconnecting and reconnecting using new SSH key...
==> default: Machine booted and ready!
==> default: Checking for guest additions in VM...
    default: The guest additions on this VM do not match the installed version of
    default: VirtualBox! In most cases this is fine, but in rare cases it can
    default: prevent things such as shared folders from working properly. If you see
    default: shared folder errors, please make sure the guest additions within the
    default: virtual machine match the version of VirtualBox you have installed on
    default: your host and reload your VM.
    default:
    default: Guest Additions Version: 5.0.14
    default: VirtualBox Version: 5.1
==> default: Mounting shared folders...
    default: /vagrant => /Users/****/Vagrant/CentOS_7_0
# vagrant status で確認すると、動いてくれています!(running状態になっていることがわかると思います)
CentOS_7_0$ vagrant status
Current machine states:

default                   running (virtualbox)

The VM is running. To stop this VM, you can run `vagrant halt` to
shut it down forcefully, or you can run `vagrant suspend` to simply
suspend the virtual machine. In either case, to restart it again,
simply run `vagrant up`.

VMを停止する場合は

#vagrant halt で停止コマンド
CentOS_7_0$ vagrant halt
==> default: Attempting graceful shutdown of VM...
CentOS_7_0$ vagrant status
Current machine states:

default                   poweroff (virtualbox)

The VM is powered off. To restart the VM, simply run `vagrant up`

「poweroff」となっているので、停止したことを確認できました。

ふひぃ…(満身創痍

お疲れ様でした、ひとまずこれでvagrantを使ってVM環境を作成/起動するところまではできたと思います。

では今回はここまで。